スプレッドが狭い、自動売買、バイナリーなど多くのFX投資家が選んでいる評判の口座はここ!
  • GMOクリック証券
  • SBI FXTRADE
  • YJFX!
  • もっと見る

FXの始め方・やり方のマニュアル

身分証明書とパソコンがあれば15分程度で口座が開ける。

また資金は条件により異なるが1万円からでも始められる

FX会社への口座開設について

「FXを始めたいのだけれど、そもそも何か必要なのか?」と思っているいる人は多いでしょう。また、取引するにあたって、いくらぐらいの資金を用意しなければいけないかというのが、一番知りたいことだと思われます。

まず、FXはインターネットにつながったパソコン(スマホでも可能)があれば、FX取引口座を開設することができます。身分証明書などが必要ですが、口座開設にかかる時間はわずか数分程度です。

どのFX会社で口座を開設するかについては、やはり取引コストが低い狭いスプレッドで取引できる会社を選択するべきでしょう。

まずは、気軽にFXを初めてみたいという方は新規口座開設キャンペーンを実施しているFX会社で初めてみるのもいいと思います。

手続きは次の流れとなります。①FX会社を決める。②そのFX会社のホームページにアクセスして、口座開設申込フォームに必要事項を記入する。③本人確認書類(運転免許証や健康保険証のコピーなど)を、スキャンや写メして画像をアップロードするか、メールに添付して提出する。これだけで完了です。

その後、審査を経て、数日後には取引に必要なログイン情報などの書類が自宅に届きます。これで口座開設は完了です。

■口座開設に必要な本人確認書類 honnninn.png

準備する投資金について

次に資金です。これは取引通貨、取引スタイル、レバレッジの倍率などによって異なります。

例えば、米ドル円の通貨ペアを1万通貨運用する場合、最低資金の目安となるのが、10万円以上です。1万通貨単位の取引では、米ドルを1万通貨保有するのに現在は約4万円かかります。

この保有通貨を運用するのには、4万円以上の資金が必要とされます。また、為替の変動で値が下がった場合、10万円の資金ではすぐにロスカッド(強制決済)されてしまう危険性があるので、短期で取引する場合でも20万円以上の資金があったほうが安心です。もちろん資金は多ければ多いほどいいと言えます。

また、1000通貨単位の取引が可能なFX業者が増えてきています。1000通貨単位の取引であれば、10分の1の資金で取引可能です。

すなわち、1万円程度。余裕を持った取引をする場合でも、数万円を用意すればいいのです。投資にかけるお金の余裕がある人は1万通貨単位から始めてもいいでしょうが、1000通貨単位からスタートしてFXに慣れた点て、投資額を増やしていくことも考えましょう。

投資と聞くと大きなお金が必要だと考えがちですが、FXであれば、1万円以内、数万円の資金で、本格的なFX投資家デビューができるのです。

多くの投資家に選ばれているFX会社 ここを選べば間違いなし!

  • GMOクリック証券
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
  • SBIFXトレード
HOME » 実践!FX取引の始め方